河原町

【京都・河原町】喫茶ジラフでモーニング食べてみた

管理人
こんにちは!中の人まぁさんです〜

河原町は京都でも一番の繁華街。ここでは流行りのカフェも多くありますが、少し路地裏に行くとレトロな老舗喫茶も実は多くあるのです。

今回紹介するのは、そんなレトロな雰囲気を味わえる喫茶ジラフさん。

詳しくどんな朝ごはんを食べてきたのか紹介していきたいと思いますー!

喫茶ジラフのお店に訪問

場所は、河原町近辺のちょうど四条通りから少し路地に入った先にあります。

ちょうど高島屋の向かいにあるみずほ銀行の細い路地裏を歩いて行くと見えるこちらの看板。

お店に着いて目につくのが回転式の看板。
くるくる回る看板には、ジラフのキャラクターでもあるキリンさんがお出迎えしてくれてました。

ちなみに、ジラフとはキリンのことを指します。

お店に着いて目につくのが回転式の看板。
くるくる回る看板には、ジラフのキャラクターでもあるキリンさんがお出迎えしてくれてました。

ちなみに、ジラフとはキリンのことを指します。

お店は階段を上がった2階にあります。

壁にはジェームズ・ディーンの絵。

昭和レトロな雰囲気を感じられるセンスのあるチョイス。

店内は、カウンター席とテーブル席がいくつか。
今回は窓際の席に着席。

喫茶ジラフのモーニング

-------------------------------------------
.
menu📝
・アイスコーヒー・・・550円
・あんバタトースト・・・450円
.
-------------------------------------------

実はここの名物はプリンでもあるのです。
本当はここのプリンも直前まで悩んでいたのですが、次回に取っておくことに。

装飾が綺麗なお水が入っているグラス。

少し年季の入った椅子やレトロな雰囲気の照明は、少し昔にタイムスリップしたような感覚にさせられます。

しばらく待っていて運ばれてきたこちら。

切り目が入ったトーストにはたっぷりのバター。
その上には、つぶあん。

このつぶあんは、小豆の原形が残っていて、素朴な味わいで美味しい。
定期的に食べたくなるあんバタトースト。

合間に飲むアイスコーヒーも程よい苦味で美味しい。
こちらのコーヒーは京都の名水でもある錦天満宮の地下水を使用しているそうです。

こだわりのアイスコーヒーにあんバタトーストで至福の朝。
ぼんやりと窓の外を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。

美味しい朝ごはん、ごちそうさまでした!

喫茶ジラフの店舗情報

---------------------------------------

[店名:喫茶ジラフ]

▪︎ 場所:京都市中京区中之町583−10 メインビル 2F

▪︎ 営業時間:10:00 - 20:00

▪︎ 定休日:火曜日(インスタ @kissa_giraffe_kyoto からも確認できる)

------------------------------------------



-河原町

© 2024 今日のごはん Powered by AFFINGER5